Top >  京都市・洛中エリア >  洛中・京都駅界隈

洛中・京都駅界隈

京都の表玄関として、1997年にリニューアルされた京都駅は、それ以降京都の新たな顔として情報発信やファッションの中心地となってきています。京都観光で訪れた際には、まずは最初に駅ビル内にある京都市観光案内所を利用してみるのが最近のトレンドです。最新の京都観光情報をはじめ、遊びのスポットやグルメについても数多くの情報が揃っていますし、日帰りツアーなども申し込めます。また、最新の京都観光マップなども無料で入手できますし、目の前にある京都タワーの割引券もありますから、ぜひ寄ってみましょう。

また、駅周辺には京都伊勢丹やアバンティ京都、地下街ポルタなどショッピングモールも揃っており、旅行中の日用品やお土産を買うのにも便利です。京都駅界隈では、まずは駅のまん前にある京都タワーに登ってみるのが京都の全体を掴むコツです。見たところあまりたいしたことのないように見えるのですが、いざ登って景色を眺めてみると、地上100メートルの展望室からは、碁盤の目のような京の町並みや周りを囲む山々を望むことができ、その眺めの素晴らしさにちょっと驚きます。

京都駅周辺の歴史的な見どころでは、世界遺産に登録された桃山文化で有名な西本願寺、密教の東寺などがあります。西本願寺は浄土真宗本願寺派の本山で、伏見城や聚楽第から秀吉ゆかりの建造物が移築されていて桃山文化が偲ばれます。重要文化財の御影堂には親鸞聖人の荼毘の灰を漆にまぜて塗ったと伝えられている坐像が安置されています。一方、密教寺として知られる東寺は、正式名を教王護国寺といい、国宝である高さ55メートルの五重塔でよく知られています。空海が真言宗の修行道場として開いた寺で、密教思想を表現した曼荼羅の仏像21体が並んでいます。

京都市・洛中エリア

洛中は京都の中心エリア。京都の玄関口・京都駅や京都一の繁華街である河原町があります。また、花街情緒あふれる木屋町や先斗町、京の台所・錦市場のある市街地エリアです。

周辺エリア